2016年11月 6日 (日)

10月のおたより

7日(金):カプラの積み木

四角い小さな板からすてきな世界を

創りあげよう!

14日(金):お好みやきつくろう!

かつお節をけずったり、こなを混ぜたり

みんな自分でチャレンジ!

21日(金):カウントダウン・ハロウィン

パーティにむけて、さぁどんな仮装に

チャレンジするぅ?

28日(金):HAPPY★HALLOWEEN

ハロウィンのお話をきいたあとは、

さぁみんなでしゅっぱ~っつ!

♪TRICK or TREAT♪

あ、100円もお忘れなく!

9月のおたより

2日(金):かたぬき遊びにチャレンジ!

縁日でやってるかたぬきあそび・・・

思わずむちゅうになるよね~

9日(金):切り絵Deコースター

敬老の日にプレゼントしよう

おじいちゃん、おばあちゃんと

はなれてくらしていても手作りって

やっぱり想いが伝わるよ

16日(金):おはぎをつくっちゃえ!

もち米ついてぺったんぺったん

あんこを丸めて・・・さぁできるかな

23日(金):リベンジ!シャボン玉とばそ~

前回、雨のシャボン玉になったけど、

今回は青空にでっか~く飛ばそう!

30日(金):かみしばいやさんだよ

扉がひらくと、

さぁさぁはじまる不思議なせかい

2016年6月17日 (金)

★たなばたおはなし会★

空の上では、牽牛と織女が出会う七夕。

昔の人々は、さといもの葉っぱにたまった

朝露で墨をすって、短冊に願いをこめたそう・・・

ほんとに願い事がかなう気がしますheart01

わたしたちが豊かだと信じてきたものは

何だったのだろう。

ほんとの豊かさってなんだろう、と考えさせられます。

文庫22年目の七夕会moon3

どんなに時代が変わっても失いたくないものを

伝え続けていきたい。

お友達とご家族と、どうぞいらしてください。

日時:2016年7月1日(金)

   夕方5:30~6:30

場所:舞の里5区集会所

参加費:100円(プレゼント代)

プログラム

メロディベル「星に願いを」

影絵「天のはごろも」

人形劇「3びきのこぶた」

子ども達の絵本の読み聞かせ

ヴォイス・アンサンブル「野菜の気持ち」

みなさんの願いがかないますようにheart04

そして、世界中の子ども達が

いまよりも少しでも幸せになりますようにheart04

6月のおたより

3日(金):風船と遊ぼう!t-shirt

さわやかな初夏!

風をかんじながら風船であ・そ・ぼ!

バルーンアートに風船バレー・・・

さぁ、君はなにをするぅ?

10日(金):プラバンにチャレンジ!scissors

みんなの大好きなプラバン!

描きたい絵がある人は持ってきてね。

他の材料はこちらでバッチリ準備してますっ

17日(金):ミサンガつくろう!heart02

日本ではJリーグブームと共に広まったミサンガ。

お守りの意味があるんです。

切れてしまうまで手首に巻いておくと

願いが叶うとか(^o^)

父の日にちなんで、

いつもみんなのために一生懸命

お仕事をしてくれている

おうちの人にプレゼントしよう

24日(金):七夕のかざりをつくろうcherry

★かざりや、短冊、あみ、ちょうちん・・・

七夕の笹かざりにはそれぞれ意味がこめられて

いるんですって。そんな昔の人の祈りにも似た

思いに心寄せながら七夕かざりをつくってみよう!

2016年5月 2日 (月)

4月のおたより

8日(金):春の花を寄せ植えしようtulip

わーいわーい、色とりどりの花がいっぱい

小さなポットに春の花を寄せ植えしよう

ひとり1っこずつ持って帰ってね

あ、ポットと苗代 ひとり100円です

15日(金):花まつりをしよう

「花まつり」は、仏教の開祖、釈迦の誕生を

お祝いする行事です。

文庫では、宗教行事としてではなく

はなまつりにちなんだ絵本や紙芝居を読んで

お茶をいただきます。

あ、地域の方が作ってくれた「花のお社」は

必見の価値あり!

22日(金):大型絵本とエプロンシアター

布のあったかみのあるエプロンシアター

子どもでなくても、ほんわか心がまる~くなるよ

おすすめの本

  • エレノア・ファージョン: マローンおばさん

    エレノア・ファージョン: マローンおばさん
    貧しくてなんにももってはいなかったけれど、マローンおばさんはだれもを同じように受け入れた。「あんたの居場所くらいここにはあるよ」って。 簡単そうなことばだけど、わたしにはなかなか言えない・・・でも言える自分になりたい。

  • 丹葉 暁弥写真/ひすいこたろう物語/小学館/2013: HUG! friends: セラピーフォトブック (小学館SJムック)

    丹葉 暁弥写真/ひすいこたろう物語/小学館/2013: HUG! friends: セラピーフォトブック (小学館SJムック)
    hug・・・ことばがいらない ことばより伝わる。 大好きだよ、って。 愛してるよ、って。 愛って、安心?平和?優しさ? 安堵するのに、心臓の鼓動は高鳴るって、 これなんだろう? この写真集をみていて、 人間もやっぱり動物なんだって思う。 あなたはどう思うかな?

  • アーサー・ビナード作/岡倉禎志写真/童心社/2012: さがしています

    アーサー・ビナード作/岡倉禎志写真/童心社/2012: さがしています
    主人公は、70年前の8月6日、広島で主をなくしたモノたち。モノが語り部となり、わたしたちに伝えてくれる。その想いを忘れてはならない。

  • 内田 美智子: ここ―食卓から始まる生教育

    内田 美智子: ここ―食卓から始まる生教育
    子どもにかかわるすべてに読んでもらいたい。「生きること」は「食べること」。子どもは、大切にまっとうに愛されれば、まっとうに愛することのできる人になれるんだ、きっと。明日もお弁当作ろう!

  • 神田茜: ぼくの守る星

    神田茜: ぼくの守る星
    ディスクレシアの主人公の少年、迷いながら悩みながら彼を育てる母親、彼を取り巻く友達・・・それぞれの視点で描かれていて胸が痛かった。でも「ひとりひとり生きてるんだ、それがすてきなことなんだ」って思える。よかったよ~、みんなと語り合いたくなった。

  • マイケル モーパーゴ: 希望の海へ

    マイケル モーパーゴ: 希望の海へ
    イギリスからオーストラリアへ送られた白人の子ども達の児童移民政策・・・こんな史実があったことをはじめて知りました。幼い日に姉からもらった鍵を生きる希望にした一人の少年の人生と取り巻く人々の人生に涙が出ます。

  • ケン ロビンズ: パンプキン

    ケン ロビンズ: パンプキン
    広大なアメリカで育つ色とりどり大きさも千差万別のパンプキン達。夕陽の中のパンプキン、ランタンになったパンプキン・・・写真が言葉以上に語りかけてきます。

  • 田島 征三: ぼくのこえがきこえますか

    田島 征三: ぼくのこえがきこえますか
    「この本を描くために絵本作家になった」とは、作者の言葉です。敵も味方もない・・・平和への祈りが胸を打ちます。

  • レイチェル・L. カーソン: センス・オブ・ワンダー

    レイチェル・L. カーソン: センス・オブ・ワンダー
    「沈黙の春」の作者、レイチェル・カーソンの遺作、最後のメッセージです。自然とともに生き、「知る」ことよりも「感じる」ことの大切さに気づかされる、心洗われる1冊。

  • ばーじにあ・りー・ばーとん: ちいさいおうち (大型絵本 (3))

    ばーじにあ・りー・ばーとん: ちいさいおうち (大型絵本 (3))
    春になると読みたくなるわたしの永遠の定番。 原点にたちかえって謙虚なきもちになれるのはわたしだけ?

Powered by Six Apart